他のアカウント

プロフィール

フォトアルバム

ニンジャー

趣味が広く浅いのですが、それらについて適当に書いていこうと思います。まぁ、ブログだから気楽にと言うことで。

« 立て続けに・・・ | メイン | ノートPC到着 »

2005-12-25

AVIVO Video Converterを使ってみました。

ATIのAvivo Video Converterがゲットできたので早速試してみました。ちなみに、

http://downloads.guru3d.com/download.php?det=1281

上記のサイトからDLが可能です。

 最初に断っておきますが、私はRADEON X1000シリーズは持っていませんw。でも、なぜかこのソフトは動きます。まぁ、単純にGPUには頼らず、CPUのみで処理しているからなんですけどね。GPUによるサポートはおそらくRADEON X1000シリーズ以降のみになると思います。ちなみに、私の環境ではRADEON X600XTはおろか、GeForce 6800GSでも動いていますw。まぁ、このことからもGPUには依存していないというのがわかりますねー。(CPUのパフォーマンスメーターを見ればもっとわかると思いますがw)

 ちなみに、インストールして起動し、最初のSTARTをクリックすると次のような画面が出てきます。

Avivo1 上から入力ファイル、出力フォーマット、出力フォルダ、ビットレートを決定していきます。ちなみに、初回起動時は上から順に決めていくと、出力フォーマットを選択した時点で、「出力フォルダが決まっていないよ」と怒られ、出力フォルダを決めてもConvertボタンがクリックできません。いったん起動しなおすと、Convertがクリックできるようになるので、おそらくバグだと思います。(2台のデスクトップ両方ともになりました)
 Convertをクリックすれば、後は出力されるのを待つのみです。ちなみに、私の環境では40分のWMV9APの動画をH.264にするのに8分ぐらいでできました。CPUベースとはいえ、非常に速いです。なお、出力フォーマットは、MPEG1、MPEG2、VideoCD、SVCD、DVD、MPEG4(DivX互換)、WMV9、Portable Media Center、H.264(AVI形式)、MPEG4(PSP形式)、H.264(iPod形式)とあります。MPEG4(PSP形式)は変換後にPSPに転送できる仕組みになっています。(ファイル名もPSP向けに変更されます)

 これだけでもただ単にトランスコードするだけならOKなんですが、もっと細かく設定できないかということでDirectX9 SDKに付属しているGraphEditでいじってみることにしました。

Graph まぁ、左のような感じに繋ぐとWMVからH.264に変更できます。ちなみに、最後の出力はFile Writerではなく、ATI File Writerを使うと良いようです。ATI MPEG Video Encorderの設定では、Video Converterでは設定できなかったGOP長さ、Bフレームの数、インターレースの解除、アスペクト比、エンコード品質(ビットレートとは別)が設定できるようになっています。また、逆テレシネなどもできます。ちなみに画像ではHandheldframe rateにチェックが入っていますが、これにチェックを入れるとできた動画は15fpsになります。ちなみに、画像のStandardの項目ではVideo converterのように出力形式が選べます。画像ではPSP向けのH.264とConverterではなかった設定があるのですが、現時点ではこの設定でエンコードしてもPSPに転送できる動画は作成されませんでした。Converterの出力プロファイルにPSP向けのH.264がないのはこれが理由な気もします。なお、できあがったファイルはQuickTimeでは再生ができるのですが、アスペクト比を16:9にしてエンコードすると、どのソフトでも再生できないゴミファイルが出来上がりますw。このあたりが、まだ完成版ではないといった感じがしますね。

 さらに、Converterでは入力ファイルとしてAvisynthファイル(.avs)が読めるとのことだったので、AVIUtlプロジェクトファイルをVFAPI Reader Codecで変換した参照aviを入力として使えないか試してみました。
 結果はうまくいきました。が、フィルタがかかっているおかげで、普通にエンコードしているのと大して変わらない速度ですw。GPUによるサポートがあると変わるのかもしれませんが、現時点ではフィルタを使わない単なる高速なトランスコーダーと捉えておくと良さそうです。
 とりあえず、これからの発展に期待したいところです。GPUによるエンコードが速いようでしたら、X1000シリーズの購入も考えたいところです。

よろしかったらクリックをお願いします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/14017/1587780

AVIVO Video Converterを使ってみました。を参照しているブログ:

» [AVC][Soft] Avivo Video Converter (パソコン・メモメモ備忘録)
会社の人に教えてもらった。 [http://staraxis.kazelog.jp/okiraku/2005/12/avivo_video_con_e202.html:title=参考にさせてもらったページ]。 時間ができたら試してみよう。何しろ MyPC は Radeon X1300 搭載だし。でも、なんか GPU 関係ないみたい... どういうことだろう? ATI は秘密の技術を持っているのか? Converter っていうことは、再生(デコード)側ももちろん必要で、そこを高速化してたり... [続きを読む]

» [パソコン]Avivo Video Converterの使い方 (小霊通(仮)の館別館)
先日の[http://d.hatena.ne.jp/turumasa/20060215#p5:title=2月15日付のこの記事]でAvivo Video Converterの事を取り上げたがやはり詳しく解説してくれているページがあった([http://www.katch.ne.jp/~kakonacl/douga/avivo/avivo.html:title=「Kenのムービー計画」さん内]より)。 ... [続きを読む]

コメント

There are many apps available for Windows Mobile 6. The beauty of Telegram is that it is able to work even on very weak mobile connections, making it much more reliable than many of its competitors. The platform compresses apps and data usage by up to 50%, allowing for a better user experience over slower networks.

コメントを投稿

最近のトラックバック

アクセスランキング